入院して1か月頃

0 Comments
  mo想雨om
病院に入院して1~2週間位記憶が曖昧で看護士さんやリハビリの先生方に迷惑をかけていたそうです。
リハビリの先生方わ3人みなさん若い先生でした!(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)
体の左半身麻痺なので頭から足のつま先迄体が動かない!病室のベットで窓から空ばかり見る毎日でした。
可能であるならもうすべてが面倒になりもういいかな!とも考えたりもしました。
そんな時左側の太腿がピクピクと動きもしかしてと少ない可能性に希望をみました。
リハビリの先生もすごいやったね!と一緒に喜んでくれた事を覚えています。
言語聴覚士の先生は顔半分の痺れを一生懸命マッサージしてくれました。
太腿が動いてからわ、とにかく必死でリハビリをしていました。可能なら普通の日常に戻りたいと思いつつ。








スポンサーサイト
  mo想雨om
Posted by  mo想雨om

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply